痩せたいなら間食は食べるべき!

皆さんこんにちは。

ダイエットしたいけど食べる楽しみを失いたくない

そう思いながらダイエットしている方は多いと思います。

食べるのが好きなほどダイエットは辛いものです。

好きなものが好きなだけ食べられないのは辛いですよね。

それがダイエットの一番のストレスです。

私もダイエットしていたのでよく分かります。

そこでここではダイエットのお供になる間食を紹介します。

間食って太らないの?

間食なんて太るんじゃないと思う方もいると思います。

しかしダイエットにはむしろ間食は必要です。

あなたはお昼ご飯を食べてから何時間後に晩ご飯を食べますか?

一般的にお昼は12時が多く、晩ご飯は19時が多いそうです。

私の場合は20時や21時に食べることが多いです。

仕事や学校がある人ならこのくらいの時間に食べるかもしれません。

この晩ご飯を食べる時間が遅いというのが太る原因になります。

まず脳が空腹を感じるとエネルギーが必要と判断し、次の食事でなるべく多くのカロリーを摂ろうとします。

その結果消費カロリー以上に食べ過ぎ、体重が増えてしまいます。

夜ご飯が遅くなることによる害はこれだけではありません。

人間はしばらく食べないと『飢餓モード』に入ります。

この状態になると体を守るために脂肪をためやすくなります。

すると普通の食事をとるだけでも太りやすくなってしまいます。

このように夜遅く食事をとる人はそうでない人に比べ太りやすくなります。

夜早くに食事をとればいいのですが、それができる人は少ないでしょう。

なので太りにくい体を作るためにも間食が必要です。

間食が太らない理由

先ほど『飢餓モード』になると太りやすいと話しました。

それは次のような過程で起きます。

空腹になる

血糖値が下がる

その状態で食事をとる

血糖値が急激に上がる

インスリンが過剰分泌

脂肪を蓄えやすい『飢餓モード』になる

このように血糖値の急激な上昇が『飢餓モード』の原因になります。

つまりこれを防ぐには血糖値の上昇を抑えればいいのです。

血糖値を一定に保つのに間食が役に立ちます。

間食のルール・タイミング

太りにくいからと言ってむやみに間食すれば当然太ります。

なのでルールを決めておくといいと思います。

まず間食を食べるタイミングですが昼・夜ご飯の中間に食べましょう。

例えば12時に昼ご飯、20時に夜ご飯を食べるなら、その中間の16時くらいです。

これは個人のライフスタイルに合わせて変えてください。

次に間食はなるべく糖質の少ないものを食べましょう。

糖質の多いものは血糖値が上がりすぎてしまいます。

そしてそれが脂肪になってしまいます。

なのでなるべく低糖質のものを選びましょう。

おススメの間食

では、おススメの間食を紹介します。

お菓子系

ナッツ

ナッツは太らないおやつの代表格です。

例えばアーモンドの100グラム当たりの栄養構成は次のようになっています。

カロリー 579kcal
糖質 4.35g
タンパク質 21.15g
脂質 49.93g
食物繊維 12.5g
カリウム 269mg

低糖質で食物繊維も多く含まれています。

まさにダイエットに適した食品です。

ただし100g当たり579kcalとかなり高いです。

一日20粒くらいが適量のようです。

ビターチョコ

これは普通のチョコレートに比べて糖質が低いです。

例えば次は明治ビターチョコの100g当たりの栄養構成です。

カロリー 612kcal
糖質 44.2g
タンパク質 8.8g
脂質 44.4g

甘いものを食べたくなった時に食べるといいかもしれません。

ただこれもアーモンドと同じく高カロリーです。

食べすぎには気を付けましょう。

おつまみ系

次はお菓子ではなくおつまみ系です。

あたりめ

あたりめは高タンパクで低カロリーです。

100g当たりの栄養構成は次のようになっています。

カロリー 315kcal
糖質 0.5g
タンパク質 70g
脂質 5g
塩分 2.5g

糖質がほとんど含まれていません。

さらに脂質もかなり低いです。

小腹が空いたときに食べるのに適しています。

ただし塩分が100g当たり2.5gも含まれています。

塩分は顔のむくみなどの原因になるので食べすぎには注意しましょう。

枝豆

枝豆はおつまみの定番ですよね。

100g当たりの栄養構成は次のようになっています。

カロリー 135kcal
糖質 9g
タンパク質 12g
脂質 6g
カリウム 590mg

枝豆には脂質を体に蓄えられるのを防ぐビタミンB1が含まれています。

またそのほかのミネラルなども豊富です。

糖質も低く、100g当たりのカロリーが非常に低いです。

あたりめ同様に小腹が空いたときに食べるのが良いと思います。

ダイエット製品

他にも次のようなダイエット用の食品もあります。

TOKYOスイーツ

これはIDEAという会社が開発した商品です。

ダイエット中は甘いものを我慢している人が多いと思います。

しかしこれならスイーツを食べながらダイエットできます。

味は次の3種類があります。

  • ストロベリーパンナコッタ味
  • ショコラムース味
  • カスタードプティング味

話題沸騰中!食べても罪悪感のないスイーツ登場♪

甘いものを食べながらダイエットしたいという方にはおススメです。

生レバー風こんにゃく

これはゴーフィールドという会社が開発した商品です。

正式名称は『マンナンレバー』です。

いわゆる豆腐ハンバーグなどのようなもどき料理です。

こんにゃくなのにレバー?

と思いますが実際に食べた人によると美味しいらしいです。

上の画像のように見た目も意外と美味しそうです。

味が気になるならマンナンレバーを買って食べてみてください。

いいおつまみになるかもしれないです。

まとめ

ダイエット中は食べるのを我慢しなくてはならないと思いがちです。

しかし、むしろ痩せたいなら間食を食べた方が痩せます。

血糖値が急に上がらないようにすることが大事です。

あなたに合う間食を探してダイエットに成功してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする