現代社会に暮らすと太りやすい理由 & 肥満対策

現代は美味しいものが多くバラエティも豊富です。

そのため太りやすくなるという問題も発生します。

また太りやすいのは美味しいものが多いだけではありません。

ここでは現代社会の生活が太りやすい理由とその対策を紹介します。

現代社会の生活は太りやすい

現代社会は昔と違い、飢えるという事はなくなりました。

しかし、それは太りやすい環境になったことの裏返しです。

太りやすくなったのは次のような要因があるからです。

食の多様化

まず1つめの原因は食の多様化です。

グローバル化で世界中の様々な料理が食べられるようになりました。

色々な国の料理が日本にいても食べられるのはいいことではあります。

ただ日本人の体に合わない食文化も取り入れてしまいました。

それは洋食などの高カロリー・高脂質な食文化です。

日本人はもともと農耕民族です。

そして昔は頻繁に飢饉が起きていました。

なので栄養をなるべく消費しない体になっています。

そのため高カロリー・高脂質の食事をすると消費カロリー以上にエネルギーを蓄えてしまいます。

また、消費カロリーは年を取るごとに減っていきます。

特に30歳以上を超えると基礎代謝が悪くなり脂肪が付きやすくなります。

年を取ったら和食などにシフトするのが良いのかもしれません。

睡眠不足

忙しい現代社会だとついつい睡眠時間が短くなります。

スマホやゲームなどの誘惑もその原因ですよね。

実はこれも太る原因になります。

起きてた方がカロリー消費するんじゃないの?

と思う人もいるかもしれません。

しかし次のような実験データがあるようです。

以下引用

花王は早稲田大学スポーツ科学学術院と共同で、睡眠時間の短縮が肥満リスクを増加させるメカニズムを研究してきました。

実験では、平均年齢23・2歳の健康な男性9人が、7時間睡眠と3・5時間睡眠をそれぞれ3日間続け、その後のエネルギー消費量を測定しました。食事は1日3食で、一人一人の基礎代謝に合わせて栄養士が考案したメニューを提供しています。その結果、3・5時間睡眠の場合、夜間のエネルギー消費量は増えるものの、1日のエネルギー消費量や脂質利用量に影響を与えませんでした。一方で、食欲を抑制するホルモンが減少し、空腹感が増加していることが分かりました。

睡眠時間 短すぎても肥満リスク増加に

夜遅くまで起きていると食欲を抑制するホルモンが減るようです。

その結果余計なカロリーを取ってしまい、太ってしまうわけです。

確かに私も遅くまで起きていると夜食が食べたくなる時があります。

そういう時に限ってカップ麺とか食べてしまうんですよね(笑)

皆さんも夜更かしには気を付けてください。

ストレスの増加

これは言うまでもないかもしれません。

現代社会はストレスフル社会です。

  • 夜遅くまで続く仕事
  • 嫌な人間関係の多い仕事・学校環境
  • SNSに縛られた生活

ほんとうに現代社会は過ごしにくいです。

特にSNSが広まったことでいつでも繋がりを強要されます。

自分一人の時間が持てないという人も多いでしょう。

こういうストレスは食べ過ぎの原因になってしまいます。

食生活で肥満対策

このように現代社会は太りやすくなる要因が多くあります。

睡眠不足やストレスは個人では改善が難しいです。

そこで食生活などから肥満対策していくのがいいかもしれません。

肥満対策できる食べ物をいくつか紹介します。

普段の食生活にこれらを取り込むのが良いと思います。

唐辛子

唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれています。

このカプサイシンには脂肪を燃焼させる作用があります。

しかし、実際はカプサイシン自体が脂肪を燃焼させるわけではありません。

カプサイシンを摂取すると褐色脂肪細胞が増殖することが分かっています。

これは脂肪を形成する細胞の一種です。

脂肪細胞には褐色脂肪細胞白色脂肪細胞があります。

両者は次のような違いがあります。

細胞の種類 役割
白色脂肪細胞 カロリーを中性脂肪として蓄積する
褐色脂肪細胞 余分なエネルギーを燃やす

白色と褐色では役割が逆です。

痩せるには褐色細胞を増やせばいいという事になります。

なのでカプサイシンをとって褐色細胞を増やしましょう。

ただ辛いものが苦手な人っていますよね…

そういう人はサプリでカプサイシンを補給するといいと思います。

おススメのサプリはカイエン40,000HU 100カプセル(Nature’s Way)です。

1カプセル当たり450㎎の唐辛子が含まれています。

用法としては一日朝昼晩1カプセルを目安に服用するといいようです。

唐辛子を取りたいけど辛いものは苦手という人におススメです。

緑茶

緑茶にはカテキンが含まれているのはよく知られています。

そのカテキンの中には次の4つの成分が含まれています。

  • エピガロカテキンガレート
  • エピカテキンガレート
  • エピガロカテキン
  • エピカテキン

この4つのどれも脂肪燃焼効果があります。

カテキンをとると肝臓内で脂質代謝がよくなります。

なので脂肪が消費され、体脂肪を減らす効果があると言われています。

またダイエット効果だけでなく抗酸化作用(アンチエイジング)もあります。

美容にまさにうってつけの飲み物ですね。

では一日にどれだけカテキンを摂ればいいのでしょうか?

明確な定義はないですが、一日1000㎎以上摂取が理想的です。

カテキン含有量が多いと言われている『お~いお茶濃い味』は

500mL当たり400mg

が含まれています。

なのでこれを2本か3本飲めばいいことになります。

お茶を飲むだけなので食事のお供に飲んでみてください。

私もダイエット中は一日に1.5Lくらいお茶を飲みました。

そのせいかダイエットを順調に進めることができました。

特に高カロリーなものを食べるときに一緒に飲むのがいいです。

グレープフルーツ

これにはナリンギンという成分が含まれています。

グレープフルーツを食べると少し苦い味がしますよね。

その苦味の元になっている成分がナリンギンです。

これには脂肪燃焼作用があると言われています。

またグレープフルーツにはリモネンという成分も含まれています。

この成分には次の2つの効果があります。

  • 血行促進してエネルギー消費を高める
  • 脂肪を燃焼させるタンパク質(UCP)を増やす

そしてなんと言ってもグレープフルーツは低カロリーです。

1つ当たり100kcal程度なのでダイエットに最適です。

ただ安いとはいえグレープフルーツを毎日買うのは大変ですよね。

そこで便利なサプリがあります。

それはスーパーシトラスリポバーナー60錠(IrwinNaturals)というサプリです。

このサプリには

グレープフルーツエキス
オレンジエキス
レモンピールエキス

など脂肪の燃焼を助ける成分が含まれています。

一回3粒を目安に一日2回食事ととるのがいいようです。

まとめ

現代社会はストレスが多かったり睡眠不足などから肥満になりやすいです。

本当はその生活習慣を変えるのが理想ですが、難しいですよね。

なのでまずは食生活から変えていくことをおススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする