糖質制限ダイエットの危険 美容にも健康にもマイナス

こんにちは。

世の中には楽して痩せれると謳ったダイエット法が多くあります。

確かに楽して痩せれるならこれほどいいことはないですよね。

ただそのようなダイエット法には危険なものもあります。

その1つが『糖質制限ダイエット』と呼ばれるものです。

何かと評判がいいですが、そのマイナス面については語られません。

そこでここではその危険性について紹介しようと思います。

糖質制限ダイエットとは

糖質制限ダイエットとは一言でいえば

糖質で摂取していたカロリーをタンパク質と脂質で置き換えるダイエット法

のことです。

低糖質食、糖質制限食、ローカーボ・ダイエットとも呼ばれています。

このダイエット法は書籍やメディアで取り上げられ有名になりました。

また、一般人だけでなく芸能人でも実践している方もいるみたいです。

かなり世間に浸透しているダイエット方法だと言えると思います。

糖質制限が痩せる仕組み

まず食事をとると血中のブドウ糖濃度(血糖値)が上がります。

血糖値が上がると肝臓からインスリンが分泌されます。

そしてその働きで臓器はブドウ糖を取り込み、エネルギーにします。

しかし全てのブドウ糖がエネルギーになるわけではありません。

一部使われないブドウ糖は中性脂肪になり体内に貯蓄されます。

そこで糖質を抑えて中性脂肪が貯まるのを防ぐのが糖質制限です。

糖質制限でインスリンの分泌が抑えられ、中性脂肪がつきにくくなります。

またさらに糖質を制限した場合、体は中性脂肪を消費しやくくなります。

そのため糖質制限ダイエットは

中性脂肪を体に貯めにくくする
中性脂肪を燃やしやすくする

この2つの効果があります。

これが糖質制限ダイエットが痩せる仕組みです。

糖質制限の危険

ですが糖質制限にはかなり危険があります。

糖質というのは体に不要なものではありません。

もちろん適度に糖質を抑えて食べ過ぎないだけなら問題ないかもしれません。

しかし極端に糖質を取らない場合は体に次の症状が現れます。

肌荒れ・肌の老化

私たちの体を構成する主要成分はタンパク質です。

糖質制限ではこのたんぱく質が不足します。

『糖質制限なのになんでタンパク質が不足するの?』

と思う方もいるかもしれません。

実は糖質制限するとタンパク質がブドウ糖を作るために消費されます。

また通常通り臓器の新陳代謝を行うためにもタンパク質は使われます。

その結果大量のタンパク質が必要になりタンパク質が不足します。

そうすると皮膚に供給するタンパク質を回す余裕もなくなります。

通常皮膚は28日周期で新しいものに生まれ変わっています。

これを『皮膚のターンオーバー』と言います。

タンパク質が不足するとターンオーバーの周期が送れます。

その結果次のような皮膚トラブルが現れます。

  • くすみ・しわ
  • 炎症が起きやすくなる
  • 肌荒れや吹き出物

薄毛

タンパク質不足で影響を受けるのは肌だけではありません。

タンパク質でできている髪の毛も影響を受けます。

糖質が不足するとタンパク質が分解されます。

分解されるのは主に筋肉のタンパク質です。

つまり体を動かすのに必要な筋肉が分解されるほどの非常事態なのです。

生存に不必要な髪の毛にタンパク質を供給する余裕はなくなります。

結果として髪の毛が抜けて髪が細くなり、薄毛になります。

口臭・体臭が臭くなる

糖質が不足すると分解されるのはタンパク質だけではありません。

脂質もブドウ糖を作るために分解されます。

このようにタンパク質と脂質からブドウ糖を作ることを『糖新生』と言います。

糖新生が起こるとブドウ糖と主にある物質が作られます。

それは『ケトン体』という物質です。

このケトン体により口臭や体臭が臭くなります。

どんな匂いがするかというと果物が腐ったような匂いらしいです。

もちろん一概に言えませんが、酸っぱいような匂いです。

そしてこの匂いというのは自分で気づけない点で厄介です。

なぜなら自分の匂いは日常的に慣れているので気づきにくいのです。

また匂いのことは周りの人間は指摘しにくいです。

なので自分で匂いに気づけるころにはかなり強烈な匂いになっているでしょう…

恐ろしい健康被害

このように糖質制限は美容の点ではかなりマイナスです。

しかし糖質制限が怖いのは健康にまで被害が出ることです。

例えばこの記事では糖質制限により半身まひになりかけた体験談が書かれています。

 しかし、このダイエット法で失敗し、危険な状態に陥った医師がいる。アトキンスダイエットのブレイクを当時、現地で目の当たりにし、自ら実践したという日比野佐和子氏(医療法人再生未来Rサイエンスクリニック広尾・院長)である。

「当時、私はニューヨークに留学していたのですが、その時期まさにアメリカでアトキンスダイエットのブームが起こっていました。もともと、私自身もダイエットマニア的なところがあったので、『面白いな』と飛びついたんです。33歳のときですね。

糖質制限を始めてからは、朝昼晩と炭水化物を一切摂らないことを徹底していたのですが、夜は毎日のように焼肉をがっつり。食べるのは肉と、サンチュとキムチのみ。そんな生活をしていたら、あっという間に15キロ痩せたんです」

糖質制限を続けることで頭がぼーっとする自覚症状はあったが、そのままの食生活を3年続けたところ、思わぬ形でリスクが現れた。ある朝、目覚めると右半身が麻痺して動かなくなっていたのだ。

「いつもは目が覚めたら右手で起き上がるのに、手に力が入らずフニャフニャッとなってしまって、まったく感覚がなかったんです。病院の目の前に住んでいたのですが、自分で動ける状態ではなかったので、左手で携帯をかけて救急車を呼んで……。

後に病院でMRIを撮ったら、脳梗塞の一歩手前の『一過性脳虚血発作』を発症していたんです。ゾッとしましたね。一過性で済んだのが不幸中の幸いでしたが、短時間とはいえ、完全に右半身は麻痺していましたから。もし麻痺状態があのまま続いていたら、脳梗塞の後遺症が残っていたと思います。医師として、自分の食生活をかなり反省しました」

検査の結果、長期に渡ってタンパク質や油分を摂りすぎたことで脂肪飽和になり、一時的に脳の微少血管が詰まっていたことが判明したというから、恐ろしい話である。

「糖質制限ダイエット」のリスクは本当?

一切炭水化物を摂らなければ当然こうなります。

なので極端な糖質制限は命の危険にまでつながります。

それでも糖質制限を信じる人たち

糖質制限ダイエットはここまで体に悪影響をもたらします。

にもかかわらずいまだに実践する人は後を絶ちません。

中には医者や専門家でも美容や健康にいいという人たちまでいます。

もちろん糖質制限が全て悪いわけではありません。

適度な糖質制限は美容や健康にもいいです。

しかしやってはいけないのは糖質の量を極端に減らすことです。

健康的に痩せたいなら極端な糖質制限はするべきではありません。

ダイエットの基本は

摂取カロリー > 消費カロリー

という状態から

摂取カロリー < 消費カロリー

にすることです。

これが出来なければ痩せることはできません。

変なダイエット法に惑わされないように気を付けてください。

痩せるどころか見た目が悪くなったり健康を損なってしまいます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする