アンチエイジング(抗酸化)効果のある食材で老化予防

年を取るのは老いるとともに美しさがなくなることでもあります。

だから年はとりたくないですよね…

しかし時間の流れは止めることができません。

しかし、老化の進行なら遅らせることができます。

ここでは老化を遅らせる抗酸化作用のある食品を紹介します。

老化の仕組み

まず私たちはなぜ老化するのでしょうか。

その一番の原因は普段何気なく行っている『呼吸』にあります。

呼吸によって私たちは体の中に酸素を取り入れます。

そしてそれを細胞が取り入れ、食事からとった熱源と結びつきエネルギーが発生します。

なので呼吸は人間の体を動かす・維持するために必要なことです。

しかし一方で呼吸は老化の原因にもなってしまいます。

それは私たちの体が活性酸素(ROS)により酸化してしまうからです。

活性酸素というのは

他の物質を酸化させる力がとても強い酸素

のことを指します。

この活性酸素には次のような役割があります。

  • 体内に侵入した細菌を取り除く
  • 免疫機能の一部として細菌を攻撃する
  • 体の中の余った水を排出する

体を守るという点ではとても重要な物質です。

しかし、活性酸素は酸化作用がとても強いです。

なので多すぎると体が錆びて(酸化)しまいます。

これが老化する原因にもなっているのです。

体が錆びることで次のような老化現象が起こります。

酸化引き起こされる老化現象

老化現象には次のようなものがあります。

血管が脆くなる

血液は酸素を体中に運ぶために欠かせません。

その血液を運ぶ血管が活性酸素に酸化されると脆くなります。

そしてさらに酸化されたコレステロールや脂肪が血管を狭めます。

血管が詰まれば狭心症脳梗塞などの様々な病気を引き起こします。

活性酸素が増えすぎてしまうと疾患の原因にもなるのです。

肌トラブル

活性酸素は紫外線によっても作られます。

そうすると肌の酸化を防ぐためメラニン色素が生成されます。

肌は一定周期でターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。

なのでメラニン色素が生成されてもある程度なら取り除くことができます。

しかし多すぎた場合、ターンオーバーが間に合わずメラニン色素が定着します。

その結果それがシミやソバカスの原因になってしまうのです。

またターンオーバーが乱れることで肌荒れの原因にもなります。

白髪・薄毛

毛髪は毛母細胞というところで作られます。

出来たばかりの毛はまだ白髪の状態です。

毛根のメラノサイト細胞でメラニン色素が作られ、それにより黒髪となり発毛します。

しかし活性酸素が活発になるとメラノサイト細胞が働きが低下します。

そのせいで白髪ができてしまうのです。

また活性酸素が髪に与える影響は白髪だけではありません。

薄毛の進行にも影響します。

髪の毛というのは18種類のアミノ酸で構成されています。

その中には活性酸素を除去するアミノ酸も含まれています。

なので活性酸素が多くなるとそのアミノ酸が消費されます。

そうなると髪が栄養不足になって弱弱しくなります。

また活性酸素は毛母細胞の働きを弱め髪の生産能力も落ちます。

さらに頭皮自体が活性酸素により老化することで頭皮が固くなります。

頭皮が悪化することで抜け毛が増え、薄毛が悪化します。

このように活性酸素は髪の毛にとってかなりの悪影響を及ぼします。

活性酸素が増える原因

タバコ・アルコール

タバコの煙には活性酸素を発生させる物質が含まれています。

それが血液中に入ると酸化LDL(コレステロール)を作る原因になります。

またアルコールの取りすぎにも注意です。

アルコールが体に入ると肝臓で分解されます。

そのアルコールの分解時にも活性酸素は発生してしまうのです。

アルコールに弱い人、飲酒量の多い人は特に注意が必要です。

紫外線

紫外線というのは人体にとって有害なものです。

浴びすぎると皮膚がんを起こしたり、白内障の原因になります。

なので紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

頻繁に紫外線を浴びている人は紫外線対策が必要です。

ストレス

ストレスを受けると副腎皮質ホルモンが分泌が分泌されます。

これが分泌・分解される際に活性酸素が発生します。

またストレスの緊張により欠陥が収縮します。

すると血液が阻害され、その後血管が拡張して大量の血液が流れます。

その時にも大量の活性酸素が発生します。

ストレスをなるべくため込まないようにしたいですね。

老化を予防する方法

体が老化する最大の原因は酸化です。

そこで酸化を防ぐ方法について次は紹介します。

老化を防ぐ栄養素と食品

抗酸化作用のある栄養素には次のようなものがあります。

これを日々の食事に取り入れてみましょう。

ビタミンC

ビタミンの中には抗酸化作用を持つものがあります。

ビタミンCはそのようなビタミンの1つです。

含有量の多い食品には次のようなものがあります。

食品 100g当たり
赤ピーマン 170mg
レモン 100mg
めんたいこ 76mg
キウイフルーツ 69mg
ブロッコリー 54mg

ビタミンCは一日の摂取量目安が100mgと言われています。

過不足なく食事でとるようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンC同様ビタミンEも抗酸化作用を持っています。

また抗酸化作用だけでなく、がんや生活主観病の予防にもなります。

ビタミンEを多く含む食材は次の通りです、

食品 100g当たり
いくら 9.1mg
たらこ 7.1mg
だいこん 4.9mg
かぼちゃ 4.7mg
赤ピーマン 4.3mg

主に野菜・魚介類に多く含まれています。

一日の摂取量の目安は男性6.5mg、女性6.0mgです。

カテキン

カテキンはポリフェノールの一種です。

お茶に多く含まれています。

中でもカテキン含有量が多いのが緑茶です。

緑茶に次の4種類のカテキンが含まれています。

  • エピガロカテキン
  • エピカテキン
  • エピカテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート

この中で最も抗酸化力が強いのはエピガロカテキンガレートです。

その抗酸化力はビタミンEの約20倍と言われています。

カテキンの一日の摂取量は1000mgです。

一般的なお茶なら10杯位ですね。

カテキン含有量が多いと言われている『お~いお茶濃い味』は

500mL当たり400mg

が含まれています。

なのでこれを2本くらい飲めばいいことになります。

是非日々の食事に緑茶を取り入れてください。

まとめ

老化の原因は活性酸素により体が酸化することです。

なので老化を遅らせるには酸化をとめる努力が必要です。

なるべく紫外線を浴びず、体に害なものを取り入れないにしましょう。

また普段の食事で抗酸化作用のある食品を食べることも重要です。

普段の生活から老化を防いでいきましょう。