GABAはストレスだけでなく美容にも効果あり

GABAはストレスを減らすことで有名な成分です。

実際GABA入りのチョコレートなども売っています。

なので手軽なストレス解消法として人気があります。

そのうえストレスを減らすという事は実は美容効果もあります。

ここではGABAの美容効果について紹介します。

GABAとは

そもそもGABAとは

γ(gamma)-aminobutyric acid

の頭文字をとったものでγ(ガンマ)-アミノ酪酸(らくさん)のことです。

これはアミノ酸の一種で脳や脊椎などに多く存在する抑制性の神経伝達物質です。

抑制性の神経物質には

  • 興奮した神経を落ち着かせる
  • ストレスを和らげる

といった作用があります。

しかし大きなストレスを受けた場合、GABAが大量に消費されます。

特に現代社会はストレス社会です。

GABAは私たちの脳に欠かせない物質です。

ただしGABAを外部から取り込んだ場合、脳に直接作用はしません。

なぜならGABAは血液脳関門を通過できないからです。

これは血液と脳の間にあって血液中の物質を脳に簡単に通過させない仕組みです。

GABAは脳に必要ですが、体外から摂取しても取り込まれないのです。

GABAを外から摂取した場合の効果

GABAは体の外から摂取しても直接脳には取り込まれません。

『じゃあGABAチョコとかを食べても効果がないの?』

と思うかもしれませんが、外から摂取しても効果があります。

それは次の2つの効果です。

血圧を落ち着かせる

GABAは直接脳内には入れません。

しかし血管を通じてノルアドレナリンの分泌を抑える効果があります。

ノルアドレナリンはストレスを感じた時に発生します。

GABAはそれを抑え、血圧を抑える効果があります。

血圧が下がることでリラックスし、いらいらを感じなくなります。

腸を刺激しGABA生産力を上げる

脳の偏桃体という場所にはGABA受容体というものがあります。

これはGABAを受け取ると信号を発する細胞です。

実はGABA受容体は腸にも存在しています。

そして腸のGABA受容体でGABAを受け取ると信号が発生します。

その信号は中枢神経を通じて脳に伝わり、GABAの生産量を増やすと考えられています。

このメカニズムは腸内細菌にも影響を受けると言われています。

例えばマウスによる実験では腸内細菌を持たないマウスでは不安行動が見られました。

このマウスに腸内細菌を移植すると行動が活発になったそうです。

このことからGABA受容体の機能に腸内細菌が関わっていることが分かります。

なのでGABAの効果をさらに高めるには腸内環境も重要なのです。

GABAによる美容効果

このようにGABAはストレスに対して効果があります。

しかしそれだけでなく次のような美容効果もあると言われています。

ダイエット効果

ぐっすり眠れることはダイエットに大事です。

なぜなら睡眠不足だとあるホルモンの分泌が増え太りやすくなるからです。

人の食欲を司るホルモンには『レプチン』と『グレリン』の2つです。

それぞれのホルモンには次の働きがあります。

レプチン エネルギー消費を増やす
食欲を抑える
グレリン 血糖値を上げる
食欲を増やす

この表から分かるようにグレリンが増えれば増えるほど太りやすくなります。

睡眠時間が短いとこのホルモンの分泌が過剰になります。

これについて次のような研究結果があるそうです。

スタンフォード大学が2004年に、30~60歳の男女1024人を対象に調査しています。

睡眠時間が8時間の人と比べて、睡眠時間5時間の人は、

血液中のグレリン量が14.9%増加し、レプチンの量は15.5%減少する

ことがわかりました。

グレリンは食欲を増進するホルモンで、レプチンは食欲を抑制するホルモンです。

また別の研究では、睡眠不足になると塩辛いもの、お菓子などの甘いもの、パンやパスタなど炭水化物食品を食べたくなる、という結果も出ています。

睡眠不足でグレリン量が増加し、レプチン量が減少します。

皆さんも夜更かししたときに何か間食したくなる時はありませんか。

それはその時にグレリンの分泌量が増えるからです。

安眠というのはグレリンを減らし、レプチンの分泌を促します。

なのでGABAの安眠効果はダイエットする人には嬉しい効果です。

肌荒れ・シミ防止

ダイエットもそうですが睡眠は肌にも大事です。

なぜなら寝ている間に細胞が生まれ変わる(新陳代謝する)からです。

なので睡眠は肌荒れを修復するために重要です。

またメラニン色素の定着を防ぎ、シミを防ぐ効果もあります。

なので安眠効果のあるGABAは肌にとってもいい成分なのです。

抗酸化作用

私たちの体は酸化することにより老化していきます。

それにより次のような老化現象が現れてきます。

  • 血管が脆くなる
  • 白髪・薄毛の進行
  • シミ・ソバカスなどの肌トラブル

この原因は強力な酸化作用を持つ活性酸素のためです。

活性酸素が発生するのは紫外線やタバコ・アルコールなどがあります。

そしてストレスも活性酸素を増やす原因になってしまいます。

まず体にストレスがかかると副腎皮質ホルモンが分泌が分泌されます。

これが分泌・分解される際に活性酸素が発生します。

またストレスの緊張により血管が収縮します。

すると血液が阻害され、その後血管が拡張して大量の血液が流れます。

その時にも大量の活性酸素が発生します。

このようにストレスは老化を早める原因になります。

なのでGABAはストレスを抑え老化を抑える抗酸化作用があります。

GABAを補う方法

GABAの一日の摂取量は最低でも10~30mgと言われています。

しかしこれはあくまで最低の摂取量です。

ストレスを感じる人は100mg以上とるのが理想的です。

なので次のような方法で足りないGABAを補っていきましょう。

GABAを含む食品を食べる

GABAは穀物・野菜・果物類に多く含まれています。

特に含有量が多いものをまとめたのが次の表です。

野菜類 100g当たり
トマト 62.6mg
ジャガイモ 35mg
なす 20mg
かぼちゃ 9.7mg
かぶ 8.2mg
果物類 100g当たり
温州みかん 28.9mg
ぶどう 23.2mg
ニューサマ 14.7mg
柚子(ゆず) 12.4mg
甘夏みかん 12.1mg
穀類 100g当たり
発芽玄米 10mg
玄米 3mg

トマトが特に食品の中ではGABA含有量が多いです。

これらの食品を普段の食事の中で意識的に食べると良さそうです。

サプリでGABAを補う

食品だけでなくGABAを補えるサプリもあります。

次のようなサプリが販売されています。

Swanson GABAサプリ

Swanson GABA500mg100錠はスワンソン社が発売しているGABAサプリです。

内容量は1本当たりカプセル100錠です。

そして1カプセルあたり500mgものGABAが含まれています。

1日1カプセル摂取が理想的です。

日常に強いストレスを感じている人におススメです。

NOW ギャバ GABAサプリ

これはNOWというサプリ会社が発売しているサプリです。

スワンソン社のサプリと違うのはビタミンB6も含まれている点です。

ビタミンB6は『心のビタミン』とも呼ばれGABAと相性がいいです。

内容量は一本あたり100カプセルです。

1カプセルあたりにGABAが500mg含まれています。

購入はこちらから
NOW ギャバ GABA 500mg +B6 100カプセル

まとめ

ストレスは美容にとって悪い影響を及ぼします。

GABAをとってストレス対策することは美容にもいいことです。

食事などで意識的にとるようにしましょう。

もし日常的にGABAが摂取できないならサプリもおススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする