ビタミンCの肌への美容効果と効果的な摂り方

ビタミンのなかには美容に効果があるものが多くあります。

その中でもビタミンCは特に肌への美容効果が高いです。

ここではビタミンCの肌への美容効果と上手く摂取する方法を紹介します。

ビタミンCとは

ビタミンはエネルギー源や体を構成する要素にはなりません。

しかし体の維持には欠かせない成分です。

ビタミンには次の13種類があります。

ビタミンA, ビタミンB1, ビタミンB2, ビタミンB6, ビタミンB12, ビタミンC, ビタミンD, ビタミンE, ビタミンK, ナイアシン, 葉酸, パントテン酸

この中でビタミンCは次のような役割があります。

  • 免疫力を高める
  • 風邪・感染症の予防
  • 傷の治りを早める

そしてビタミンCは肌の美容にも欠かせません。

ビタミンCの美容効果

ビタミンCで期待できる美容効果は次のようなものです。

シミの予防

肌は紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

それは有害な紫外線から肌を守るためです。

しかし活性酸素も酸化作用が強く肌には有害です。

そのため活性酸素から身を守るためメラニン色素が生成されます。

これが外に排出されずに肌に定着するとシミになるのです。

メラニンの元になるのはチロシンというアミノ酸です。

チロシナーゼという酵素が紫外線の影響を受けチロシンをメラニンに変えます。

ビタミンCにはチロシンをメラニンに変換させない効果があります。

また出来てしまったメラニンを薄くする還元作用もあります。

シミ予防&改善にビタミンCは役に立ちます。

ニキビ予防

ニキビの原因は過剰な皮脂の分泌です。

これが毛穴をふさぐことでニキビが形成されます。

ビタミンCは過剰な皮脂の分泌を抑えるのでニキビ予防になります。

またそれだけでなく炎症を抑える作用もあります。

なのですでに出来てしまったニキビを治す効果もあります。

コラーゲンの合成

コラーゲンはタンパク質の一種です。

主に肌や筋肉、骨などに含まれ、体を作るのに重要です。

特に皮膚や髪などに多く美容には欠かせません。

このコラーゲンは他のタンパク質と異なる点があります。

それはヒドロキシプロリンというアミノ酸を多く含んでいることです。

この合成にはビタミンCと鉄が必要になります。

なのでビタミンCが不足するとコラーゲン不足になります。

そうなると次のように美容に良くない影響が出てしまいます。

  • 肌のハリやツヤがなくなる
  • 薄毛や抜け毛

美しい肌や髪の維持にはビタミンCは欠かせません。

抗酸化作用

老化の原因は様々です。

その中でも活性酸素による老化は美容に影響します。

活性酸素とは何かというと

他の物質を酸化させる作用が非常に強い酸素

のことです。

活性酸素は細菌を減らすなどのいい効果もあります。

しかし増えすぎると次のような老化現象を引き起こします。

  • シミ・ソバカス
  • 乾燥ジワ
  • 薄毛・抜け毛

ビタミンCには活性酸素を消去する抗酸化作用があります。

肌の美容だけでなくいつまでも若々しくいたい人にも重要なビタミンです。

ビタミンCが特に必要な人

ビタミンCは全ての人に必要です。

しかし次のような人は意識的にビタミンCを摂った方が良いかもしれません。

ストレスの多い人

現代はストレス社会です。

年齢・性別にかかわらず多くの人がストレスを感じています。

人はストレスを感じると身を守るため副腎から抗ストレスホルモンを出します。

この時ビタミンCが必要になります。

強いストレスを感じたらビタミンCが不足している証拠です。

タバコ

タバコを吸うと大量のビタミンCを消費します。

それはたばこを吸うと次のような有害物質が体内に取り込まれるからです。

ニコチン,タール,ベンツビレン,フェノール,ニトロソアミン

これらの物質が送られるとそれを攻撃するために活性酸素が発生します。

この時ビタミンCが消費されます。

またタバコを吸うと有害物質を無害化する酵素も分泌されます。

この酵素は有害物質とビタミンCの区別がつきません。

そのためこの酵素によっても大量のビタミンCが失われます。

ビタミンCを補うには

食事から補う

普段の食事からビタミンCは補うことができます。

特にビタミンCの含有量が多いのは次のような食品です。

鉄分の一日の摂取量目安と上限は次の表のようになっています。

食品 100g当たり(mg)
赤ピーマン 170
パセリ 120
芽きゃべつ 110
レモン 100
ピーマン 76
めんたいこ 76
キウイフルーツ 69
いちご 62
ブロッコリー 54
ハム 50

この表のとおり果物や野菜に多く含まれています。

一日の摂取量目安・上限

1日の摂取目安・上限(mg/日)
男性 女性
年齢 目安 上限 目安 上限
15~17 9.5 50 7.0 40
18~29 7.0 50 6.0 40
30~49 7.5 55 6.5 40
50~69 7.5 50 6.5 40
70~ 7.0 50 6.0 40

ビタミンCを効果的に摂るには?

ビタミンCは美容にとても効果のあるビタミンです。

その効果をさらに高めるには次のような方法があります。

鉄と一緒に摂る

ビタミンCはコラーゲンの生成に関わっています。

この時ビタミンCだけでなくも必要になります。

つまり鉄が不十分だとコラーゲンはできにくくなります。

なのでビタミンCと一緒に鉄も摂取しましょう。

鉄を多く含む食品は次の表のとおりです。

食品 100g当たり(mg)
豚肉(レバー) 13.0
鶏肉(レバー) 9.0
牛肉 6.8
鶏卵(卵黄) 6.0
あゆ 5.5
しじみ 5.3
いわし 4.4
牛肉(レバー) 4.0
あさり 3.8
納豆 3.3

レバー,赤身の肉, 魚介類, 大豆などに多く含まれています。

野菜(ビタミンC)と肉類(鉄)の食べ合わせが効果的かもしれません。

分散して摂取する

ビタミンCは水に溶けやすい水溶性ビタミンです。

なので体に蓄積される量は少なく数時間で外に排出されます。

そのためビタミンCは朝昼晩の食事で毎回とった方が良いです。

そうすることでビタミンCの効果を感じやすくなります。

美肌に欠かせないビタミンC

ビタミンCは美肌を目指す人には欠かせません。

また抗酸化作用もあるので若々しくいたい人にも必要です。

普段の食事で意識的に摂っていきましょう。

また食べるタイミングや食べ合わせも考えると効果アップです。