納豆は美容の万能食!美肌・若返り・育毛にも効果あり

よく納豆は健康の万能食と言われます。

それは多くの健康にいい成分が含まれているからです。

しかし納豆は実は美容にも効果的な食べ物です。

ここでは納豆の美容効果を紹介します。

納豆に含まれる栄養

納豆には次のような栄養成分は次のようになっています。

(1パック当たり50gとして計算)

エネルギー 100kcal
タンパク質 8.3g
炭水化物 6.1g
脂質 5.0g

1パック当たり8.3gものタンパク質が含まれています。

しかしただ高タンパクなだけではありません。

納豆はアミノ酸スコアが高いことで有名です。

アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2種類があります。

体内生成できない必須アミノ酸9種類は必要量が提唱されています。

食品に含まれる必須アミノ酸の豊富さを表すのがアミノ酸スコアです。

アミノ酸スコアは100に近づくほど理想的な数値です。

納豆はこのアミノ酸スコアが100です。

つまりアミノ酸を摂取するのに理想的な食品という事です。

納豆のすごさはそれだけではありません。

美容に効果のあるビタミン・ミネラルも豊富に含んでいます。

1パックの主なビタミン・ミネラルの含有量は次の表のとおりです。

カリウム 330mg
1.7mg
亜鉛 1.0mg
0.31mg
ビタミンE 0.3mg
ビタミンK 300μg
食物繊維 3.4g

特に亜鉛とビタミンKの含有量が豊富です。

また食物繊維も豊富に含まれています。

納豆の美容効果

納豆の各成分には次のような美容効果があります。

亜鉛の効果

亜鉛は必須ミネラルの1つです。

美肌効果

亜鉛は肌の新陳代謝に関わっています。

通常ならその周期は1ヵ月程度です。

しかしその周期が遅れてくると様々な肌トラブルが起こり始めます。

まず新陳代謝が遅れで『シミ』ができます。

肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

活性酸素は紫外線などの有害物質から身を守る役割があります。

しかしそれが過剰に発生すると体に害を及ぼします。

その害から身を守るためメラニン色素が発生します。

通常ならメラニン色素は新陳代謝で外に排出されます。

しかし周期が遅れるとメラニンが定着してシミになります。

またターンオーバーが遅れるとシミだけでなく次のようなトラブルも起こります。

  • 肌のキメが荒くなる
  • 肌がザラザラ・ガサガサになる
  • 擦り傷や切り傷が治りにくくなる

どれも美肌にはよくないことばかりです。

亜鉛は肌の新陳代謝を促進する作用があります。

なので美肌や美白のためには欠かせない成分です。

育毛

髪の毛というのは肌の延長です。

なので亜鉛は育毛にも関わりがあります。

髪の毛のほとんどはケラチンタンパク質でできています。

亜鉛はタンパク質からケラチンタンパク質を作る作用があります。

つまりタンパク質を多くとっても亜鉛が不足すれば髪は育ちません。

そして亜鉛が不足すると髪に次のような悪影響が起こります。

  • 抜け毛が増える
  • 白髪が増える
  • 髪の毛が細く弱弱しくなる

健康な髪の毛を育てるために亜鉛は欠かせません。

鉄の美容効果

鉄分位には次のような効果があります。

シミ予防

シミの原因はメラニンです。

そしてメラニン生成の原因が活性酸素です。

活性酸素の発生を抑えるのは『カタラーゼ』という酵素です。

鉄はこの酵素を作るのに必要になります。

カタラーゼを増やしシミを予防する効果が鉄にはあります。

コラーゲンの生成を助ける

コラーゲンは肌や筋肉、骨などに含まれ、体を作るのに重要なタンパク質です。

このコラーゲンは他のタンパク質と異なる点があります。

それはヒドロキシプロリンというアミノ酸を多く含んでいることです。

このアミノ酸の合成にはビタミンC鉄分が必要です。

なので鉄はコラーゲンの合成に非常に重要です。

コラーゲンは

  • 肌のハリやツヤを保つ
  • 薄毛や抜け毛を予防する

などの美容に重要な効果があります。

ビタミンK

ビタミンKの主な働きは血液を固める止血作用です。

その作用には次のような美容効果が期待できます。

赤ら顔の改善

人前に出ると緊張して顔が赤くなる…
気温が下がり乾燥してくると顔が赤くなる…

こういう赤ら顔はコントロールできないので厄介ですよね。

赤ら顔の原因には生理的なものや心理的なものがあります。

しかし根本の原因は血管が広がることです。

ビタミンKは血流を流れやすくする作用があるので赤ら顔に効果があります。

クマやくすみの改善

肌のくすみや目の下のクマは老けて見られる原因になります。

その原因は血行不良にあると言われています。

ビタミンKは血行を良くするのでクマやくすみの改善が期待できます。

ビタミンE

ビタミンEは老化を防ぐ抗酸化作用があります。

そのため『若返りのビタミン』と呼ばれるほどです。

主に次のような抗酸化作用による美容効果があります。

シワを防ぐ

シワと言えば老化現象の代名詞です。

実はシワのタイプには次の2種類があります。

  • 表情ジワ
  • 乾燥ジワ

活性酸素はこのうちの乾燥ジワの原因になります。

肌が有害な紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

その結果肌に次のような悪影響を与えます。

  • 保水力の低下
  • 肌の乾燥
  • ハリや弾力の低下

肌が乾燥すると潤いを失わないために角質細胞が増殖します。

すると角質層のキメが乱れて隙間ができシワになります。

また肌が弾力を失うと薄く固くなります。

肌が固くなるとシワができても元に戻りにくくなってしまいます。

ビタミンEは活性酸素の発生を抑えるのでシワ予防になります。

薄毛予防

髪の毛は18種類のアミノ酸で構成されています。

活性酸素が発生すると除去のためにこのアミノ酸が使われます。

そうなると髪が栄養不足になり弱弱しくなります。

さらに頭皮自体も活性酸素により老化します。

頭皮が悪化することで抜け毛が増え、薄毛が悪化します。

ビタミンEの抗酸化作用は肌の老化を抑え、若々しい髪を保つ効果が期待できます。

納豆で美しく

納豆はタンパク質だけでなくビタミンやミネラルも豊富です。

特にその中の亜鉛, 鉄, ビタミンK, ビタミンEは美容効果が高いです。

ただ1パック当たり100kcalで脂質なども高いです。

なので食べ過ぎず一日1~2パック食べれば十分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする